iMovieの動画編集画面にムービーを挿入していらない部分をカット

白い縦ラインを上から下へなぞる

ここからが動画編集の本番です。

前回はiMovieムービーの編集を行う為の動画や写真の素材をiPhone本体に溜め込んで編集作業の準備をしてきました。

(前回記事)iMovieをiPhoneのみで動画編集をする準備

そして最後に編集画面に切り替わったのでそこに動画を挿入するところまで進めたので実際にやってみましょう。

スポンサーリンク

iMovieに動画挿入して不必要な部分をカットしていく

フィルムと音符アイコンで動画を選ぶ

フィルムと音符のアイコン

フィルムと音符のアイコン

上の画像はまだ何も動画を挿入していないまっさらな編集画面です、ここにiPhone本体に入っている動画を取り込んで編集していきます。

そのためにはまず動画を選ばなければいけませんので赤枠の「フィルムと音符のアイコン」をタップしましょう。

20150212223334

上の画像に切り替わります、一番上には「ビデオ」と言って現在指定されているのが「ビデオ」と言うことですね。

写真やオーディオに切り替えたい時は画面の一番下にある「ビデオ 写真 オーディオ」のいずれかをタップすると切り替わります。

今回は最初ということでまずはビデオから動画を選びます。

20150216103403

iPhone本体に溜めてあった過去のビデオが沢山並びます、この中からお好きな動画を選んで編集してみよう。

20150216100419

これが良いなと思う動画をタップすると黄色い枠になりますね。

選択した動画にアイコンが出てくる

黄色い枠と同時に上の画像のように沢山のアイコンが出てきます。

それぞれには意味があるのですが、初めての動画編集に必要なアイコンは左側の矢印アイコンと三角の再生アイコンだけですのでそれぞれ確認してみよう。

動画の内容を確認したい時

上の画像は三角の再生アイコンです、何に使うかと言えば「あれ?この動画ってどんな動画だっけ??」と思った時にここで確認をするためにあるのです。

20150216100428

上の画像は再生アイコンをタップしてどんな動画だったかを確認している所です。

この動画でOKならこれを挿入してみよう。

編集画面にお気に入りの動画を挿入

決定なら矢印アイコンをタップする

編集画面に動画を入れるために必要なのが上の画像の左端にある赤枠の「矢印アイコン」です、これをタップします。

20150216110433

これでムービーが動画編集画面に挿入されました(実際に使用した動画は22.9秒のものにしたので画像が変わりました)

端から端まであるとわからない

挿入された動画を右のほうにずらすとわかりますが長さによっては全体がわからないことがあります。

全部を使うのであれば編集する意味がなくなるのでほしい所を探す作業が出てきますので動画を短く見やすくしたい。

動画をピンチインで縮める

ここで必要なのが動画の上で二本の指を摘むような動作であるピンチインが必要です。

赤丸印から矢印の方向に向かって二本の指で動画を縮めてみよう。

この時、動画をタップすると黄色い枠がついてしまうのでつけないように注意すること

20150216110725

かなり短くすっきりしました。

不必要な動画をカットして短く編集する

ここからは動画の中で必要の無い部分をカットしていきます。

中央の白い縦線が現在の場所

上の画像で、赤い矢印の先に「白い縦の線」がありますが、ここが動画の現在写っている場所を示す線です。

動画を指先で動かしてみる

どこから使うのか必要な場所はどこかを探るために必要なので指先で左へ動画を1コマずつ移動しながら確認してみる。

もしくは上の画像の右側にある三角の再生アイコンをタップすると再生しますが指のほうがやりやすいです(確認する時は)

20150216112403

少し進めると可愛いネコちゃんの正面からシーンが現れました、よってここまでのシーンはいらないとしましょう。

動画を優しくタップして指定する

上の画像で白い縦ラインよりも左側がいらない不必要なシーンなので全体を優しくタップして指定すると黄色い枠が出現します。

白い縦ラインを上から下へなぞる

わかりづらいかも知れませんが白い縦ラインを上から下へ指でなぞってみると分割されます。

20150216112435

映像が分割されたのが上の画像です。

左側はいらないので削除してしまいましょう。

20150216114024

不必要な映像を優しくタップして黄色い枠で指定してあげる。

すると上の画像の一番下の右端に「分割 切り離す 複製 削除」と出てきますので削除をタップしてみてください。

20150216114129

いらない部分の映像が無くなりました。

もし不安でしたら動画を右にスライドさせていけば、最後にこの動画の秒数が表示されていますので少なくなったのがわかりますからね。

あとは同じように作業をして使う部分だけを残していらない部分はカットしちゃいましょう。

20150216114742

同じように必要以外の部分を削除してドンドン使う素材だけを残す作業をしています、最初は23秒ぐらいの動画でしたが最終的に使うのはわずか2.3秒分の動画になりました。

不必要な部分が右側の動画になっても同じで黄色い枠が出るように指定してあげて削除ですからね。

20150216114753

 

上の画像が最終的に使うムービーです。

長くなりましたので次回は違う動画素材を追加したり、テロップなどを入れてみますのでお付き合いください。

iMovieの編集で違う動画を追加したりテロップを入れてみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です