iMovieで白黒映像にしたいなどのプロジェクトフィルタ

プロジェクトフィルタの設定方法

iMovieでオリジナルのムービーを編集していてちょっと思い出に浸りたい動画なんかの場合に「今回の動画は白黒映像にしてみたいな~」と思ったりしたら出来るんです。

それが標準で入っている機能のプロジェクトフィルタです。

この機能は全部で11種類ありどれを選ぶかは作り手次第になります、もちろんこんな機能はいらないと言う場合は「なし」を選ぶことも出来ます。

デフォルトでは「なし」が選択されているので安心して編集を進めてみてくださいね。

スポンサーリンク

iMovie編集機能プロジェクトフィルタ変更の方法と11種類の見え方

プロジェクトフィルタ変更方法

プロジェクトフィルタの変更方法は2つあります、一つは歯車アイコンからの設定方法です。

歯車アイコンから設定

動画の編集画面を開いて歯車アイコンをタップしてみる。

11種類のプロジェクトフィルタ

上の画像のように画面が切り替わりプロジェクトフィルタを選択することが出来るようになり選択したら最後に右上の「完了」をタップすれば動画に反映される。

もう一つの設定方法は以下の通りです。

編集動画をタップする

動画の編集画面で動画の切り取りする場所をタップして選択すると黄色い枠になりますね。

すると上の画像で言えば「2」の矢印の先のアイコンをタップすると変更出来るようになります。

設定がなしの状態

編集画面の下から出てきました、上の画像ではフィルタは「なし」の状態なので例として「ブラスト」をタップしてみると再生画面が変わります。

20150217202028

いかがでしょうか?動画そのものの雰囲気が色合いが変わって楽しいですね、ここで変更するときは完了などはいらないようですのでそのまま使えるようになります。

11種類のプロジェクトフィルタの紹介

さてプロジェクトフィルタの数が多く一つ一つ試してみる前に雰囲気だけでも確認したい人へ、以下で一通りのフィルタ設定をして画像に収めておきましたので見比べてみてくださいね。

フィルタ「なし」デフォルト状態がこれです

20150217201132

ウェスタンの状態

20150217201144

サイレントの状態

20150217201156

ダブルトーンの状態

20150217201208

ドリーミーの状態

20150217201220

ビンテージの状態

20150217201231

ブラストの状態

20150217201242

ブルーの状態

20150217201302

ブロックバスターの状態

20150217201317

モノクロの状態

20150217201329

迷彩の場合

20150217201341

以上11個でした、どうだったでしょう?好きな雰囲気の色合いってありましたか?僕はモノクロとかビンテージ辺りは好きな雰囲気なので使っています。

お好みでアレンジしてみても面白いかもしれませんね。

最後に今回は思い出の猫ちゃんの動画を気分的にサイレントな雰囲気なのでフィルタ設定して作ってみたので様子だけ実感してみてください。

あっ、違う動画をくっつけて編集した場合、どちらかだけにフィルタを掛けることも出来ますからね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です