動画と動画の繋ぎを決めるトランジションの設定iMovie編集

iMovieトランジション

オリジナルムービーを製作するときに複数の動画を使います。

それぞれの動画で必要な部分と不必要な部分をとりわけて使う部分を残して繋いでいくのですが、突然画面が変わるのも味があって良いかもしれませんがせっかく機能としてあるトランジション動画と動画の繋ぎ)の設定をしてうまく繋いでいく方法を考えましょう。

こればかりは扱う映像であったり写真で雰囲気が変わりますので今回は一例として受け止めてくれればよろしいかと思います。

スポンサーリンク

iMovie標準機能のトランジションの設定方法

テーマ以外のトランジションの種類

iMovie2.1.1になってトランジションの種類が増えました。

「なし」「テーマ」「ディゾルブ」「スライド」「ワイプ」「フェード」の順でそれぞれ選ぶことが出来ます。

トランジション設定

上の画像の中にある四角いピンクの枠がトランジションで動画の繋ぎを設定する為のアイコンです、その隣にも赤枠の四角がありますね「|」マークはこの場合「なし」になります。

ピンクの枠をタップすると黄色枠になり下側に横長の赤枠の中にトラジションの種類が出てきます、その隣には黄色枠で0.5秒とか出てきますがこれはトラジションの出る秒数になります。

トランジションと秒数はどちらも選び映像に反映する状態に設定してあげてください。

上の画像では左から新しい動画が出てくるトラジション(スライド)の設定にしてみました、再生画面には左からワンコが半分出てきているところですね。

さて、いくつかあるトランジションの中でも「テーマ★アイコン」については動画編集の始める時に選んだテーマによって決まってきますのでテーマを変えることでトランジションを変えることが出来ると言うわけです。

20150212223230

これです、覚えてますか?

(参考記事)iMovieをiPhoneのみで動画編集をする準備

テーマ毎のトランジションは以下のような雰囲気になります

CNN Report風のトランジション

20150216232620

ニュース風のトランジション

20150216232644

シンプルのトランジション

20150216232705

ネオンのトランジション

20150216232738

愉快のトランジション

20150216232834

明るいのトランジション

20150216232858

モダンのトランジション

20150216232921

旅行のトランジション

20150216233021

いかがだったでしょうか?

画像では動きが止まっていますが、それぞれのテーマによって動きが変わります。

それでは「なし」以外の「テーマ」「ディゾルブ」「スライド」「ワイプ」「フェード」の順で繋いでいる動画を実際に作りましたので雰囲気だけでも確認してみてくださいね。

実際に一つずつ試してみて映像に見合いそうなものをチョイスする必要が出てきます。

また出現させる際の秒数によっても見方が変わりますのでお好みで設定してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です